SSRI うつ病 強迫性障害 摂食障害 月経前症候群

フルニル(Flunil)

更新日:

フルニル(Flunil)とは

フルニルはプロザックのジェネリック薬です。フルニルはインドのインタスファーマ社が製造しています。フルオキセチンは基本的にカプセル錠なので、錠剤のようにピルカッターで切断して服用量を調節できません。フルニルは10mg~60mgまで4段階の製品を揃えているので、自分の服用量にあった商品を選ぶことができます。

プロザックは1988年に登場した世界初のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)で、主成分はフルオキセチンです。「うつ病の原因はセロトニン不足であり、そのセロトニンを増やしてうつ病を治療する」という画期的な発想で開発されたSSRIは三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬など当時の他の抗うつ薬によくある副作用が少ないこともあって爆発的な人気商品になりました。
ただしフルオキセチンは治験データが少ないそうで、日本では未承認薬となっており基本的に病院で処方されません。日本でもプロザックブームの報道が沢山あるのになかなか発売されず、当時はまだインターネットも普及しておらず入手も困難でした。日本で最初に発売になったSSRIのフルボキサミン(商品名:ルボックスorデプロメール)は1991年でしたからずいぶん待たされた感じですね。

現在ではその効果に疑問があるという研究もありますが、それでも人気のある抗うつ薬の一つです。またプロザック単体よりもオランザピンとの併用で効果が上がるという報告もあります。日本ではSSRIに分類される成分はフルボキサミン・パロキセチン・セルトラリン・エスシタロプラムの4種類が承認されています。

製品名:フルニル(Flunil) 10mg / 20mg / 40mg / 60mg
会社名:Intas Pharma(India)

フルニル(Flunil)の成分

有効成分の名前はフルオキセチン(Fluoxetine)です。フルオキセチンはSSRI=Selective Serotonin Reuptake Inhibitors(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される成分です。脳内のセロトニントランスポーターに蓋をして再取り込みを妨害することでセロトニンの量を増やすという作用からこの名前がついています。
抗うつ薬としてうつ症状の改善やパニック障害に使用されますが、摂食障害・月経前症候群・強迫性障害・社交不安障害などにも適応があるとされています。ただし双極性障害の方が服用するとそう症状が悪化してしまう危険性があるため躁鬱病(双極性障害)の方の服用はNGです。また軽度のうつ症状や24歳以下の若者のうつ症状には効果が疑問視されており、24歳以下の若者への投薬は行わない流れになってきています。軽度のうつ病についてはSSRIにかぎらず薬物療法以外の治療法が模索されています。

フルニル(Flunil)の作用

フルオキセチンは日本では未承認なので適応がありません。海外ではうつ病・うつ状態、強迫性障害、月経前症候群、摂食障害に適応があるとされています。
ただしうつ病や摂食障害が重度の場合は、フルオキセチンは効果がないというデータもあります。症状が重い場合は服用前に医師とよく相談してから服用するかどうかを決めましょう。

フルニル(Flunil)の服用量

通常、成人で1日に1回、20mgを服用します。
※海外での処方では1日の最大投与量は80mgです。

このお薬は毎日服用して血中濃度を安定させることで効果を発揮します。調子が悪い時に飲むのではなく継続することが大事です。飲み忘れたときには一度に2回分を服用せず、1回分を服用しましょう。

フルニル(Flunil)の血中濃度

最大血中濃度  6-8時間後
血中濃度半減期 4-6日後

私たちの体は空気や摂取する食べ物はもちろん、薬も消化器官から吸収して血液中に取り込み血管を通して全身に送ります。そして血液中の薬の成分は必要な場所で消費されたり異物として血液中から排除されて徐々に少なくなっていきます。
血中濃度とは薬の成分が体に吸収されて血液中に溶け込んでいる量です。成分によって吸収されるスピードや体内に留まる時間の長さなどは異なります。
フルニルはSSRIの中でも特に代謝が遅く半減するのに平均で5日、ほとんどが体外に排出されるまでに数週間かかります。

フルニル(Flunil)の作用時間

基本的に即効性はありません。毎日決まった時間に服用し続けることで血液中の成分の濃度が安定し効果もでてきます。
服用から5~10日で血中濃度は安定してきますが、効果があらわれるまでに服用開始から2~3週間かかることもあります。
血中濃度が安定してくると1日飲み忘れたくらいでは血中濃度があまり下がらないので具合が悪くなることもあまりありません。

フルニル(Flunil)の副作用

SSRIにはセロトニン症候群という副作用のリスクが確認されています。

セロトニン症候群は脳内のセロトニン濃度が過剰になることで起きる副作用です。
自律神経症状
体温の上昇、異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢
神経・筋肉症状
ミオクローヌス、筋強剛、振戦、反射亢進、緊張と緩和の繰り返し(あご、歯をがちがちさせる、など)
精神症状
混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡
セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生する。
例として、
モノアミン酸化酵素阻害剤とSSRI
デキストロメトルファンとSSRIの組み合わせ
SSRIの過量摂取
SSRI/SNRIとトリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)の併用
セント・ジョーンズ・ワートの過量摂取
などによって発生する。高齢者は特に注意を要する。
(wikipediaより)

その他通常の副作用
吐き気、食欲不振、頭痛、神経痛、自殺のリスク、その他

この他にも副作用はありますので、異常を感じた場合は医師や薬剤師に相談しましょう。
お薬の副作用が起きた時はよく服用をやめてと書いてありますが、SSRIなどの精神科領域のお薬は急に服用を中断すると調子が悪くなることがあります。自分の判断で服用を中止せず医師の指示に従ってください。

フルニル(Flunil)の注意点

・配合されている成分にアレルギーがある方は服用できません。
・妊娠中、妊娠の可能性がある方は、服用前に医師にご相談ください。
・飲み合わせが悪いお薬がありますので、他に服用しているお薬がある方は医師にご相談ください。
・不整脈、心臓病、肝臓病、てんかん、躁うつ、躁病の既往歴がある場合、子ども、24歳以下の若い方は特に注意が必要です。
・自殺の企図や攻撃性についてのリスクが指摘されています。
・服用をはじめると、不安になったり、症状が悪化したり、副作用で気分が悪くなったりということがあります。医師やご家族などの、周囲の方と相談しながら服用しましょう。
・自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに医師にご相談ください。

フルニル(Flunil)の国内製品

プロザックも含めてフルオキセチンは日本国内では未承認です。

フルニル(Flunil)10mgの通販
フルニル(Flunil)20mgの通販
フルニル(Flunil)40mgの通販
フルニル(Flunil)60mgの通販

個人輸入

こちらの商品は個人輸入によって海外から取り寄せることができます。個人輸入は日本の厚生労働省が認めている制度で禁止されていないお薬を一定量(精神科領域のお薬は1ヶ月分)なら処方箋や保険証などは必要なく、普通に通販と同じように購入できます。ただし海外から取り寄せる場合は、薬の副作用などは自己責任になります。薬の作用、副作用、注意事項などをよく調べた上で個人輸入の申込みをしましょう。

-SSRI, うつ病, 強迫性障害, 摂食障害, 月経前症候群

Copyright© ココロのお薬 , 2018 All Rights Reserved.