不安障害 不眠症 統合失調症 躁病

クロルプロマジン(Chlorpromazine)

更新日:

クロルプロマジン(Chlorpromazine)とは

クロルプロマジン(Chlorpromazine)は世界で最初の統合失調症の治療薬です。1950年にフランスの製薬会社によって合成され、1953年には統合失調症の患者への投与が始まりました。それまで治療の術がなく閉鎖病棟から出られなかった統合失調症患者を社会復帰させる可能性がある薬ということで、臨床結果が発表されるとまたたく間に世界中に広がりました。日本では1955年に発売になり、新しいお薬がでるまで大活躍しました。国内では「コントミン」「ウインタミン」「クロルプロマジン」「ソラジン」などの名前で知られています。

抗精神病薬としては第一世代抗精神病薬に分類されるお薬の一つで、フェノチアジン系の定型抗精神病薬です。また精神安定剤としてはメジャートランキライザーに分類されます。ドパミンD2受容体の回路を遮断することで、統合失調症の陽性症状を抑える作用があると考えられています。
クロルプロマジンには強めの鎮静作用があり、統合失調症だけでなくうつ症状、躁症状、不安障害、不眠症などの治療にも使われます。またメンタルケアの領域以外でも、しゃっくり、乗り物酔い、悪心・嘔吐、催眠・鎮静の効果増強など幅広い用途で使用されてきました。
1960年代後半になると新しい抗不安薬、抗精神病薬などが次々と開発されて、副作用が多いクロルプロマジンの出番は減っていきました。

現在では統合失調症の主剤としては副作用が強くなってしまうのであまり使われません。第二世代の抗精神病薬を選択されることがほとんどです。
ただし低用量では比較的安全性が高く用途が多いので今でも補助的な鎮静剤として色々な症状に使用されています。
統合失調症の治療では毎日定期的に服用しますが、それ以外の場合は比較的少ない服用量(12.5~25mg)を頓服的に使用することが多いです。

1日数回に分けて服用する時に気をつけなければいけないのが食事とのタイミングです。クロルプロマジンは胃に食事が残っていると吸収が悪くなるというデータがあります。食事の30分以上前に多めの水分で服用するか、食後2~4時間後に服用するといいかもしれません。


製品名:クロルプロマジン(Chlorpromazine) 50mg / 100mg
会社名:Sun Pharmaceuticals

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の成分

有効成分の名前はクロルプロマジン(Chlorpromazine)です。1950年にフランスで抗ヒスタミン薬として開発されましたが、鎮静作用が強すぎ抗ヒスタミン作用が少ないことで抗ヒスタミン薬としては商品化されませんでした。
ただ麻酔前に投与することで麻酔の効果を増強するブースターとして有効であることは知られており、その用途では使用を続けられていました。また精神病への治療効果についての研究は続けられており、1952年に精神疾患患者への臨床試験が発表されました。当時の臨床試験では経口ではなく注射によるものでしたが、その効果は劇的で期待されていた鎮静作用だけでなく症状の改善もみられました。
1953年にはフランスで統合失調症をはじめ幅広い精神疾患の患者に投与されるようになり、ヨーロッパやアメリカ、その他の国に広がっていき、統合失調症・躁病・うつ病・不眠症などの第一選択薬として多くの患者に投与されました。
その後は新しい薬の登場とともに徐々にクロルプロマジンが処方される機会は減りましたが、今でも不眠症・うつ病・躁病。ADHD・片頭痛・乗り物酔い・吐き気・かゆみ・麻酔のブースターなどとして適応内・適応外で使用されています。

クエチアピンは主にドパミン2(D2)受容体の遮断作用が、統合失調症の陽性症状を緩和していると考えられています。
またクエチアピンはドパミン受容体以外にも様々な受容体に作用する事がわかっています。
セロトニンやヒスタミン受容体を遮断する作用が、眠気につながり不眠症の治療に効果を発揮したり鎮静作用につながったりします。

ただしこの様々な受容体に作用することが副作用にもつながっています。体重増加、口の乾き、眠気、ふらつきなどいろいろな副作用が多いことでも知られています。特に高用量では副作用が強くなってしまうため、クエチアピン以降に開発された副作用の少ないお薬が選ばれています。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の作用

日本での適応は、統合失調症、躁病、神経症における不安・緊張・抑うつ、悪心・嘔吐、しゃっくり、破傷風に伴う痙攣、麻酔前投与、人工冬眠、催眠・鎮静・鎮痛剤の効力増強です。この他に適応外で、不眠症、酔い止め(低用量)などで使われます。
海外ではこの他に、ADHD、重度の片頭痛、重度のかゆみなどに適応があります。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の服用量

統合失調症の場合
通常、成人の場合は1回50~450mgを分割(通常2~3回)して服用します。
それ以外の症状
通常、成人の場合は1回30~100mgを分割(通常2~3回)して服用します。

※統合失調症の治療では毎日定期的に服用しますが、それ以外の場合は比較的少ない服用量(12.5~25mg)を頓服的に使用することが多いです。

症状や副作用などによって服用量は異なります。また服用量が多くなると副作用も発生しやすくなります。医師と相談しながら服用方法、服用量を調節してください。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の血中濃度

最大血中濃度  3.2時間後
血中濃度半減期 11~12時間後

有効成分のクロルプロマジンは比較的はやく排出されてしまうため、1日に2~3回にわけて服用する必要があります。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の作用時間

症状によって異なりますが、お薬の効果を持続させる場合には1日に2~3回にわけて服用する必要があります。
詳しくは医師の診察を受けて指示に従ってください。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の副作用

通常の副作用
眠気、めまい、便秘、たちくらみ、口の渇き、生理不順、乳汁分泌、錐体外路症状、吐き気、食欲異常、体重増加、低血圧、動悸、不整脈など

この他にも副作用はありますので、異常を感じた場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

抗精神病薬には「悪性症候群」という副作用があります。高齢の方や体力が落ちている時などになりやすいです。また薬の服用量を増やしたときにもなることがあります。症状としては体が硬直して動かなくなって高熱がでてきますので、もしそういった症状がある場合にはすぐに医師に連絡してください。

重要な注意点としてパーキンソン症候群の副作用が挙げられます。手のふるえ、痙攣、しゃっくり(横隔膜の痙攣)も報告されています。また色素の沈着もみられ、皮膚にそばかすやしみができる事もあります。
これは特に高用量でみられる症状です。リスペリドン・オランザピンなどの新しい抗精神病薬

長期の服用では遅発性ジスキネジアに注意が必要です。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の注意点

・配合されている成分にアレルギーがある方は服用できません。
・授乳中の方は服用できません。
・糖尿病の方も服用できません。糖尿病の発症リスクがある方は特に注意が必要です。
・アドレナリンとの併用はできません。
ほかの安定剤、パーキンソン病治療薬、吐き気止め、降圧剤、鎮痙薬、三環系抗うつ薬、抗コリン作用のあるお薬、リチウム、アルコールなどは注意が必要です。
上記のほかにも服用に注意すべきお薬がありますので、服用中のお薬がある場合は事前に医師に伝えてください。
・心臓病、肝臓病、腎臓病、動脈硬化、褐色細胞腫、てんかん、呼吸器系疾患、高齢、認知症などの場合は服用に注意が必要です。
・眠気や倦怠感を感じやすいお薬です。服用中は機械の操作や運転、高所での作業は避けてください。
・服用をはじめると、不安になったり、症状が悪化したり、副作用で気分が悪くなったりということがあります。医師やご家族などの、周囲の方と相談しながら服用しましょう。
効果が出るまで2週間以上かかる場合があります。
・自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに医師にご相談ください。とくに統合失調症の治療の場合は、症状が改善してからも服用量を減らしながら経過を観察することが重要です。医師の指示通りに服用しましょう。

クロルプロマジン(Chlorpromazine)の国内製品

コントミン糖衣錠 田辺三菱
クロルプロマジン塩酸塩錠 三菱ウェルファーマ
クロルプロマジン塩酸塩錠「ツルハラ」 鶴原

クロルプロマジン(Chlorpromazine)50mgの通販
クロルプロマジン(Chlorpromazine)100mgの通販

個人輸入

こちらの商品は個人輸入によって海外から取り寄せることができます。個人輸入は日本の厚生労働省が認めている制度で禁止されていないお薬を一定量(精神科領域のお薬は1ヶ月分)なら処方箋や保険証などは必要なく、普通に通販と同じように購入できます。ただし海外から取り寄せる場合は、薬の副作用などは自己責任になります。薬の作用、副作用、注意事項などをよく調べた上で個人輸入の申込みをしましょう。

-不安障害, 不眠症, 統合失調症, 躁病

Copyright© ココロのお薬 , 2018 All Rights Reserved.