SNRI

SNRIとは

SNRIとは英語で「Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors」、日本語ではセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬といわれるお薬です。SSRIは脳内のセロトニントランスポーターに蓋をして再取り込みを妨害することでセロトニンの量を増やすという作用ですが、SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用もあります。
セロトニンが減ると不安感や気分の落ち込みなどが起きると考えられているので、セロトニンが増える作用により不安感などのうつ症状の改善が期待できます。
またノルアドレナリンが減ると行動力や意欲が低下すると考えられているので、ノルアドレナリンが増える作用によって意欲的になったり行動力が生まれたりすることが期待できます。

SSRIと比較すると、SSRIは不安感や落ち込みなどを改善する効果があるのに対して、SNRIは不安感や落ち込みだけでなく意欲や行動力を刺激する効果が期待できると考えられます。症状によってSSRIが向いているかSNRIが向いているかは人それぞれということですね。

SNRIは基本的にはうつ病や不安障害などのメンタルヘルス系の治療に使用されますが、慢性疼痛の場合の痛み止めに使用されることもあります。実はノルアドレナリンはメンタルに作用するだけでなく、ノルアドレナリンが減少すると痛みを強く感じてしまうという現象が起きることがわかっています。そのため慢性的に痛みを感じる症状がある場合、SNRIでノルアドレナリンの量が増えることで痛みを和らげる事ができる場合があるのです。

SNRIはSSRIと同じように副作用が三環系や四環系の抗うつ薬とくらべて少ないといわれていますが
・飲み始めの数週間の症状の悪化
・自殺衝動が強くなるケース
・双極性障害の場合の躁転
・離脱症状の深刻さ
などの問題も課題になっています。服用に際しては医師の診察を受けて慎重に行なう必要があります。

またセロトニンの再取り込みだけを阻害するSSRIにと比べると、セロトニンに加えてノルアドレナリンの再取り込みも阻害するSNRIでは
・動悸
・排尿障害
・不眠
・頭痛、血圧上昇
などの副作用が出やすいとされています。

販売中のSNRI

SNRI系のお薬は日本では2000年にトレドミンが発売されて以降、現在までの間に4種類が承認されています。

日本で承認されているSNRI

ミルナシプラン
トレドミン、イクセル、ダルシプラン
デュロキセチン
サインバルタ
ベンラファキシン
イフェクサー

日本で承認されていないSNRI

ネファゾドン
サーゾーン

個人輸入で購入できるSNRI

ミルナシプラン系
ミルネース(Milnace) 50mg×100錠 トレドミンジェネリック
ミルザ(Milza) 50mg×100カプセル錠 トレドミンジェネリック
イクセル(IXEL) 25mg×28カプセル錠 トレドミンジェネリック
デュロキセチン系
デュゼラ(Duzela) 20mg×100 カプセル錠 サインバルタジェネリック
デュバンタ(DUVANT) 30mg×100錠 サインバルタジェネリック
デュバンタ(DUVANT) 60mg×100錠 サインバルタジェネリック
サインバルタ(Cymbalta) 30mg×28カプセル錠 デュロキセチン
ベンラファキシン系
イフェクサーXR(EFEXOR-XR) 37.5mg×14カプセル錠 ベンラファキシン
イフェクサーXR(EFEXOR-XR) 75mg×28カプセル錠 ベンラファキシン
イフェクサーXR(EFEXOR-XR) 150mg×28カプセル錠 ベンラファキシン
ベンラーXR(Venlor-XR) 37.5mg×100カプセル錠 イフェクサージェネリック
ベンラーXR(Venlor-XR) 75mg×100カプセル錠 イフェクサージェネリック
ベンラーXR(Venlor-XR) 150mg×100カプセル錠 イフェクサージェネリック
ベンリフト(Venlift) 75mg×100カプセル錠 イフェクサージェネリック

 

投稿日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.