四環系抗うつ薬

四環系抗うつ薬とは

抗うつ薬として世界で初めて開発されたのが三環系抗うつ薬で、その後に開発された抗うつ薬です。三環系抗うつ薬は化学構造で書き表した時にベンゼンを両端につけた3つの環状構造がありましたが、四環系抗うつ薬やベンゼンに挟まれた環にもう一つ環がつながっている状態で4つの環状構造があるのが名前の由来です。

三環系抗うつ薬と同じく四環系抗うつ薬もセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が神経細胞受容体と結合するのを防ぐことで脳内で遊離するセロトニンやノルアドレナリンの量を増やすという作用があります。
三環系抗うつ薬は服用から効果がでるまで1~2週間時間がかかっていましたが、四環系抗うつ薬は4日程度で効果があらわれるという即効性があります。

また三環系抗うつ薬と同じく副作用は主に、口が乾く、便秘、尿が出にくくなるといったものがありますが、四環系抗うつ薬は全体的に副作用が軽いとされており現在は三環系抗うつ薬よりも多く使用されています。
ただし抗うつ薬としてはSSRI・SNRIなどの他のお薬も色いろ開発されており、四環系抗うつ薬もうつ症状の治療に使われることは減ってきました。そのかわり四環系抗うつ薬には眠気が強いという特徴があるため、睡眠導入剤として使われることが多くなっています。

日本で承認されている四環系抗うつ薬

マプロチリン
ルジオミール、クロンモリン、マプロミール
ミアンセリン
テトラミド
セチプチリン
テシプール
ミルタザピン
リフレックス、レメロン
※NaSSAに分類される事もありますが、化学構造上は四環系抗うつ薬に分類されます。

個人輸入で購入できる四環系抗うつ薬

ミルタザピン系
ミルタス (Mirtaz) 15mg×100錠 レメロンジェネリック
ミルタス (Mirtaz) 30mg×50錠 レメロンジェネリック
ミルタザピン (Mirtazapine) 30mg×28錠 レメロンジェネリック
ミルタザピン (Mirtazapine) 45mg×28錠 レメロンジェネリック

更新日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.