三環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬とは

抗うつ薬の中でも初期の1950年代に登場したお薬です。抗うつ薬として世界で初めて開発されたのがこの三環系抗うつ薬になります。化学構造で書き表した時にベンゼンを両端につけた3つの環状構造があるのが特徴です。

三環系抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が神経細胞受容体と結合するのを防ぐことで脳内で遊離するセロトニンやノルアドレナリンの量を増やすという作用があります。

抗うつ効果は非常に強いといわれていますが服用をはじめてから効果があらわれるまでに1~2週間かかることが多いです。これは薬の血中濃度が一定以上の状態が続かないと上記の作用が安定しないのが原因です。

三環系抗うつ薬の副作用は主に、口が乾く、便秘、尿が出にくくなるといったものが多いです。また鎮静的な作用が強く使いにくいという特徴もあります。それから稀にですが命にかかわるような重篤な副作用もあります。
三環系はその後に開発されたお薬に比べて効果だけでなく上記のように副作用が強いのも特徴のひとつで、ハイリスク・ハイリターンな一面があります。ですから現在は三環系と効果は同レベルかやや弱いものの副作用は比べ物にならないほど少ないといわれるSSRIやSNRI、NaSSAなどの新しい抗うつ薬が使用されることが多く、三環系抗うつ薬はあまり使用されなくなってきています。

日本で承認されている三環系抗うつ薬

日本の三環系抗うつ薬は開発時期から第1世代三環系抗うつ薬と、第2世代三環系抗うつ薬のふたつにわけられます。
どちらも最近はうつ症状の治療の際に第一選択薬として使用されることはほとんどなく、SSRI・SNRI・NaSSAなどの新しい抗うつ薬を選択するのが一般的になっています。

第1世代三環系抗うつ薬

イミプラミン
トフラニール、イミドール、イミプラミン
アミトリプチリン
トリプタノール、ラントロン
クロミプラミン
アナフラニール
トリミプラミン
スルモンチール
ノルトリプチリン
ノリトレン

第2世代三環系抗うつ薬

アモキサピン
アモキサン
ドスレピン
プロチアデン
ロフェプラミン
アンプリット

個人輸入で購入できる三環系抗うつ薬

イミプラミン系
トフラニール(Tofranil) 25mg×50錠 イミプラミン
アンチデップ(Antidep) 75mg×100錠 トフラニールジェネリック
アミトリプチリン系
アミトリプチリン(Amitriptyline) 50mg×100錠 トリプタノールジェネリック
クロミプラミン系
アナフラニール(Anafranil) 10mg×30錠 クロミプラミン
アナフラニール(Anafranil) 25mg×30錠 クロミプラミン
クロフラニル(Clofranil) 10mg×100錠 アナフラニールジェネリック
クロフラニル(Clofranil) 25mg×100錠 アナフラニールジェネリック
クロフラニル(Clofranil) 50mg×100錠 アナフラニールジェネリック

更新日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.