お薬の個人輸入のメリット

医薬品の個人輸入は国の管理や規制の枠の外で行うものです。もちろん法律で規制されている品物を購入すれば罪になりますし、規制されていなくても個人輸入する際には色いろな規則がありますが‥
ここでは国内で医薬品を入手する場合と個人輸入とを比べた時のメリットをみていきましょう。

保険証・処方箋などの書類が不要

医薬品を個人輸入する場合には、基本的に処方箋や保険証は必要ありません。ですから医師の診察を受けずに必要なお薬を自分で選んで購入することができます。また海外の医薬品を購入するので日本の健康保険は関係ありません。

ただし一部の医薬品は医師の処方箋がないと購入できないお薬もあります。個人輸入代行のサイトには、そういう医薬品を購入する場合の注書きが書いてあるのですぐわかるでしょう。

医師の診察を受ける必要がない

個人輸入の場合は処方箋が必要ありませんので、医師の診察を受けなくても購入できます。
ただし素人が自己診断で適当な薬を飲むのは非常に危険です。特に持病があったり他に服用している薬があったりすると、どんなに良いお薬でも相性が悪くて具合が悪くなったり症状が悪化したりすることも考えられます。なるべく医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。
まず病院で処方してもらって使用してみて、その薬を飲み続けるとなった時に海外製のジェネリックに切り替えるのが安心できる方法ですね。

ジェネリックや海外版などは安い

日本でも古くからあるお薬はジェネリックがあって安いものがありますが、ジェネリックがないものになるとけっこう高額になるものも沢山あります。
また日本国内の場合は、病院での診察料と薬を処方してもらう際の薬以外の代金が掛かりますので薬の値段は安くてもトータルするとそこそこの値段になってしまう事もあります。この間痛み止めを処方してもらいましたが、診察で1000円ちょっと、処方箋で550円ほど掛かりましたが、お薬自体の値段は50円とか書いてあって笑ってしまいました。

個人輸入の場合は、送料とお薬代くらいしか掛からないので日本の病院で処方してもらうよりも安く購入できることが多いです。ジェネリック医薬品になると更に安いものが多いですし、また欧米の製薬会社の商品でも非英語圏向けの商品は同じ会社の同じ商品でも安くなっていたりします。

いつも日本の病院でもらっているお薬を個人輸入に切り替える時には、同じ成分の商品などを色いろ比較してみるのもいいですね。

インターネットで注文すれば自宅に届く

電話で注文できるお店もありますが、個人輸入の業者に依頼すれば自宅に送ってもらえるというのは素晴らしいですね。わたしは病院の診察時間はほぼ仕事の時間なので病院にいくヒマがなく個人輸入を使うことが多いです。
調子が悪くて病院に行けない時などにもとても助かります。

日本ではない商品も買える

メンタルヘルス領域のお薬で、日本では入手できないといえば「プロザック」が有名ですね。日本では承認されていないので病院では処方してもらえませんが、夢の抗うつ薬として非常に人気があるので興味がある人も多いのではないでしょうか?
またプロザックのような昔からある商品だけでなく、日本で承認されるのがまだ先になるようなお薬を一足先に試すこともできます。

日本で承認されていないお薬ですから自己判断で購入するのはあまりオススメできませんが、医師に相談して試してみるのは良いかもしれません。

投稿日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.