お薬の個人輸入のデメリット

医薬品の個人輸入は厚生労働省が認めているので合法ですが、様々な問題がありますので安易に利用するのは危険です。
ここでは医薬品の個人輸入についてのデメリットを考えていきましょう。

医師の説明が無い

日本では病院で診察を受けて医師が薬を処方するときには、患者の体の状態を考慮しますし他に使用している薬があれば飲み合わせを考えてくれます。また薬の飲み方についても教えてくれます。処方箋をもって調剤薬局にいけば、専門の知識を持った薬剤師が必要な説明をしてくれます。
ところが個人輸入の場合、ネットで注文するだけで届いてしまいますから説明はありません。届くお薬の説明書もたいていは英語やその他の外国語で書いてあるのでわかりにくいです。お薬の適量がどのくらいなのか、どんな副作用があるのか、他の病気の治療に影響はないのかなど、大切な情報も自分で調べるしかありません。
もちろん病院で診察を受けて「自分で海外の薬を買おうと思うんだけど」と相談することもできますが、海外のお薬には医師も責任をもてないので積極的に教えてくれる先生は少ないでしょう。例えば、持病があって治療を受けているがふだん使っている薬が高価なので海外のジェネリックに切り替えるというならアリですが、病院で処方されたことがないお薬を素人が自己判断で使い始めるのはリスクが非常に高いので避けるべきだと思います。
簡単に考えずに薬を乱用しないように、できるだけ医師に相談しながら個人輸入を利用しましょう。

日本で承認されていない

日本の国内で流通している医薬品は、開発段階から承認されるまで国が定めた臨床試験などを行い効果と安全性が確保されるように管理されています。そして国が承認したあとも製造するのは国の厳しい基準をクリアした工場で作ることが義務付けられています。だから日本の医薬品は信用があり、外国人にも人気があるわけです。
しかし個人輸入で購入するのは基本的に海外の医薬品ですから、日本の厚生労働省が管理しているわけでも承認しているわけではありません。臨床試験が日本よりも基準が甘かったり、製造している製薬会社の管理も日本よりも杜撰なこともあります。つまり有効成分が同じジェネリック薬でも、製法が違ったりすれば先発薬と効果が同じという保障はないということです。そのあたりもしっかり臨床試験をする日本とは違って大雑把に作っている場合もありますので安物買いの銭失いということにもなりかねません。それに当たり前ですが海外のお薬ですからほとんど日本語の説明はありません。また海外のお薬なので日本の同じ成分の商品と比べて1錠の配合量が多いものが沢山あります。ですから一番配合量が多いものを買った方が金額的にもお得ですが、過剰に服用しないようにしないといけません。

服用した際の健康被害があっても保障がない

上でも説明しましたが、日本国内で流通するお薬は基本的に国が承認したものなので、かなり安全性が担保されているといえるものです。ですか個人輸入で購入する海外の医薬品は日本の国や機関が安全性を確かめたものではありません。
ですから個人で輸入したお薬で、具合が悪くなったり後遺症が残ったりしても、日本の国が何かをしてくれるわけではなく、その後の対応は自己責任になります。

偽物の可能性も‥

これはバイアグラなどのED薬などでよく言われることですが、海外のお薬はニセモノの可能性があります。もともとED薬や媚薬などのセックス系のお薬は、昔からヤクザやマフィアなどの犯罪組織の資金源でもあります。またED薬などは顧客も多く1錠が高いので犯罪組織がコピー商品を作っても十分に儲かります。ですからバイアグラやシアリスなどのED薬はニセモノが非常に多く出回っています。特に人口が一番多い英語のサイトはニセモノだらけで本物を入手するのが大変です。
メンタルヘルス系のお薬については、ニセモノはほとんど聞いたことがありません。これはバイアグラなどと違って1つの種類のお薬のユーザー数が少ないので、お薬を作っても儲からないからだと思います。
とはいってもニセモノがゼロという保証はありません。怪しいお店で買わないように気をつけましょう。

基本的に先払い・返品不可

個人輸入代行業者は、海外の医薬品販売業社とお客さんの間にたって買い物の仲介をします。具体的には、お客さんが業者に欲しい商品と個人情報を伝えてお金を払うと、代行業者は注文を海外の業者に伝えてお金を払います。そうすると海外の業者が注文通りに商品をお客さんに送るというわけです。
これは買い物は日本のお客さんが海外の医薬品販売業者から直接購入するということです。

販売会社が海外の業者ですから、クーリングオフや返品等に関する日本の法律は適用されないので基本的に返品はできません。(代行業者によっては条件次第でできるところもあります)
また海外の医薬品販売業者は代金の支払後に商品を発送する業者がほとんどなので後払いが使えません。一部には後払いを選べる業者もありますがほぼゼロです。

注文してから到着まで1~2週間

海外から直接送ってもらうことになるので、香港やシンガポールからでも最短5日ほどかかります。
また海外は土日は郵便もお休みになるので、金曜日に注文しても発送されるのはほとんどが月曜日になります。
ですからお薬が急ぎで必要な場合は、近所の病院で処方してもらうほうが早いです。またいつも飲むようなお薬は早め早めに注文してストックを持っておいたほうがいいです。

購入が簡単すぎて乱用につながることも

個人輸入の場合は処方箋が必要なくamazonで本を買うのと同じ手間でお薬が買えてしまいます。届くまでに1~2週間掛かりますし一つのお薬につき1度に1ヶ月分しか買えませんが、色々な種類が買えてしまうのでいろいろな種類を大量に揃えることもできます。
気分次第で服用量がついつい多くなってしまう人は過剰摂取につながる恐れもあります。購入の際はよく考えて本当に必要な分だけ購入しましょう。

投稿日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.