お薬の個人輸入代行とは?

お薬の個人輸入代行とは

日本ではお薬は本来病院で診察を受けて処方してもらうか薬局で購入するものですよね?
医薬品の輸入代行とは簡単にいうと「医師の診察を受けたり処方箋をもらわずに海外からお薬を通販で買う」ということです。

医薬品を海外から持ち帰ったり海外の医薬品販売業者から取り寄せるには、本来は地方厚生局への届け出などの手続きが必要です。ただし使う人が自分の分を一定量以下購入する場合は、届け出をしなくても購入することができます。これは個人に対する特例的な措置なので、一度に大量に購入したり、転売目的だったり、自分で使用しないものを購入したり、強いお薬などは認められていません。

医薬品等の個人輸入について
厚生労働省のページです。個人輸入をしたことがない人は一度目を通しておきましょう。

海外から輸入するとなると、海外の販売業者を探して‥外国語でやりとりして‥海外に送金して‥など考えるだけでも大変そうですし、「もし詐欺だったら?」「届いても偽物だったら?」「トラブルがあっても外国語では文句もいえない」など不安もあるかとおもいます。
そこで商品が欲しい個人と海外の販売業者との取引を仲介するのが「個人輸入代行業者」です。
日本人向けの代行業者は日本語のHPがあり、面倒な手続きなどは必要なくネット回線があれば誰でも簡単に購入できてしまうので人気があります。
その一方で個人輸入したサプリメントやお薬による健康被害やさまざまな危険性なども時々ニュースになっています。

こころの調子が悪いと「薬が必要でも病院に行けない」とか「いい先生がいなくて診察を受けたくない」というような事もあるかも知れません。個人輸入は便利なのでついつい利用してしまいがちですが、注文する前にお薬の個人輸入代行について良いことも悪いことも把握して、賢く利用しましょう。

インターネットの個人輸入代行店で海外のお薬を探してみる

更新日:

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.