メンタルヘルスのお薬はいろいろな種類がありますが、成分・効果・適応する症状などによって分類があります。心の病気は診断が難しくお薬の選び方も素人では難しいです。お薬は信頼できる医師と相談しながら慎重に使用しましょう。

抗うつ薬

うつ症状に使用されるお薬の総称です。抗うつ効果が認められている薬剤の種類は多く作用機序も多様です。

三環系抗うつ薬

さんかんけいこううつやくと読みます。英語では「TCA Tricyclic Antidepressants」といいます。有効成分の分子構造に環状構造が3つあることに由来しています。セロトニンやノルアドレナリンを増やす働きがありますが鎮静系の副作用が強いものが多いのが特徴です。

四環系抗うつ薬

よんかんけいこううつやくと読みます。有効成分の分子構造に環状構造が4つあることに由来しています。三環系やSSRIなどとくらべて薬の効果があらわれるまでの期間が短いのが特徴です。

MAO阻害薬(モノアミン酸化酵素阻害薬)

日本では現在は抗パーキンソン病薬として処方されていますが、海外では抗うつ薬としても使用されている国があります。

SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるお薬です。シナプスのセロトニン受容体でセロトニンが再取り込みされるのを防ぐという作用があり、その結果セロトニンの濃度が濃くなって症状が改善されるとされています。
服用開始から効果がでるまでに2週間前後の期間が必要とされるといわれています。また副作用が強いことや急に服用を中止すると症状が悪化するなど報告もあり使用には十分な注意が必要です。

SNRI

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のことです。SSRIに近い作用機序のお薬ですが、副作用は比較的少ないといわれています。

NaSSA

ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬のことです。SSRIなどのようにセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害して濃度を高めるのではなく、セロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増やしてしまうという作用があります。

睡眠薬

睡眠薬、眠剤、睡眠導入剤、催眠剤などとも呼ばれるお薬です。睡眠状態になる作用があるというよりも、少量では鎮静作用や抗不安作用が認められるが投与量が増えると睡眠状態になるという方が正しい認識でしょう。薬剤の種類や作用時間の長短などで分類されることが多いです。
古くには服毒自殺と言えば睡眠薬を大量に服用することというような認識が生まれてしまうほど自殺に使われた歴史があり、現在では麻薬及び向精神薬取締法で規制されている成分もあります。これらの成分は鎮静作用が非常に強く致死性の副作用がありましたがいまでは処方されておらず、現在日本国内で処方されている向精神薬は大量に服用しても死亡するような危険はほぼないといえます。

抗精神病薬

抗精神病薬と向精神病薬は一字違いですが意味が違います。
向精神病薬の方は精神に作用するお薬全般を指しますが、抗精神病薬は主に統合失調症の治療薬を指します。
統合失調症の症状には大きく分けて、見えないもの、聞こえない音、現実ではない事があるように感じてしまう「陽性症状」、感情・意欲・行動力が著しく低下してしまう「陰性症状」、注意力・理解力・集中力・記憶力などの知的能力に障害がでてしまう「認知機能障害」の3種類があります。
そして現在処方されている抗精神病薬はこれらの症状のなかでも陽性症状の改善に効果が高いとされています。

第1世代抗精神病薬

1950年くらいから使用されるようになった古くからある向精神病薬です。
フェノチアジン系、ブチロフェノン系の2種類があります。どちらも副作用が強く陽性症状以外にはあまり効果がないといわれています。

第2世代抗精神病薬

1990年代から使用されるようになった比較的新しい抗精神病薬です。
SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)、MARTA(多受容体作用抗精神病薬)、DSS(ドーパミンシステムスタビライザー)の3種類があります。
陽性症状への効果が非常に高いだけでなく、第1世代と違い認知機能障害にも効果が期待できます。また一般的に第1世代よりも副作用が少ないとされています。

気分安定薬

気分のむらが激しい双極性障害などに用いられます。そう状態とうつ状態の上下を安定させる為のお薬で、双極性障害の他に境界性パーソナリティ障害や統合失調症にも処方される事があります。

抗不安薬(精神安定剤)

文字通り不安感を抑えるためのお薬です。トランキライザー(精神安定剤)とも呼ばれます。不安感は不眠、パニック、対人関係の問題などさまざまな体の症状を引き起こす原因にもなります。一言で不安といっても様々な原因や症状がありますので、診察を受けて自分にあったお薬を使用することが重要になります。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、ベンゾジアゼピン系、アザピロン系、バルビツール酸、プレガバリンなどがあります。その他にも他の向精神薬で抗不安作用のあるお薬が抗不安薬として処方されたりもします。

投稿日:

NEW ENTRY

セルティマ(Sertima)

セルティマ(Sertima)とは セルティマはファイザー社のジェンゾロフトのジェネリック薬です。インドのインタスファーマ社が製造しています。1箱に100錠入っているので個人輸入でもまとめて購入すること ...

ゾロフト(Zoloft)

ゾロフト(Zoloft)とは ゾロフトは日本ではジェイゾロフトの名前で処方されているファイザー社の抗うつ薬です。同じ商品ですが日本語版はジェイゾロフト、海外ではゾロフトという名前になっています。日本だ ...

シタロプラム(Citalopram)

シタロプラム(Citalopram)とは シタロプラムは日本では承認されていないSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬の成分になります。 アメリカでは1988年にプロザックが ...

エスシタデップ(S-Citadep)

エスシタデップ(S-Citadep)とは エスシタデップはインドの大手製薬会社シプラ社が製造しているレクサプロジェネリックで、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬になります ...

シプラレックス(Cipralex)

シプラレックス(Cipralex)とは シプラレックスはレクサプロのジェネリック薬です。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬になります。 デンマークのルンドベックという製薬 ...

Copyright© ココロのお薬 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.